夫が虫垂がんになりまして。
3月下旬に入院、手術をしました。

がんの宣告を受けると、死が頭をよぎって涙が止まらなくなる方も多いと思います(私がそうでした)。
まさか30代前半でガンになるなんて…嘘でしょ?!と、私も思いました。
悲しい。とっても悲しい。

でも、いつまでもそんな状態でいるわけにもいかない。落ち着いて冷静になりたいと思っている方も多いはず。

どん底から抜け出して、冷静になるには一体どうしたらいいのか??


情報収集しましょう!


え?!怖いから嫌だ!という声が聞こえて来そうですが、逆なんです。
何も知らないから怖いんです。

ガンになって急に死んじゃうイメージを持ってる人って多いと思うんです。ドラマだったり、芸能人の影響だったりで。そのイメージのせいで、何だかとても怖いものに感じてしまっている。
でも、実際は助かっている人もたくさんいるんですよ!医療の進歩で、治療法はどんどん良くなっています。

ガンについて知って、向き合うことが、悲しみから抜け出す一番の方法だと、今回夫がガンになって感じました。


収集方法は、本でもネットでも。
ただネットの場合は玉石混交なので、ちゃんとしたところのサイトを見た方がいいですよ。
例えば
国立がん研究センター

私は色んな角度の本が読みたくて、ここら辺の本も読んでみました。

もし近藤誠さんの本しか読まれてなければ、長尾和宏さんの本も併せて読まれることをお勧めします。


知識を入れると、冷静になれます。生存している人がいることを知ると、落ち着いて考えられます。
落ち着くことができたら、友人にも気軽に話せますしね。話すとまた更に安堵感を得られます。

びっくりする人もいれば、「周りにたくさんいるんだよね~驚かなくなったわ~」という方もおられます。年配の方に多し。
そういう話を聞くのも、前向きになれていいと思います。


ガンを治す系の本も色々あります。
個人的にはこちらの理論を採用したいなーと。

いわゆる食事療法ですね。抗がん剤との併用を進められていますが、食事療法のみでも成果を上げている療法です。ステージ4からでもまだまだ治せるのだと、勇気がもらえます。

これを全て実行するのはなかなか大変なことではあるのですが、可能な限り取り入れたいものです。


***
夫はステージ3寄りの2でして、手術でガン部分は全て摘出したのですが、再発予防のため、半年間の抗がん剤治療を進められ、現在始めています。
抗がん剤治療を始めてから3週間が経ちましたが、今の所副作用は、ちょっと便がゆるめ、ちょっと疲れやすいかな、の2点だけ。予防のためだからキツめのお薬じゃない、というのもあるでしょうが、薬自体も医療の進歩で良くなってきているのかなと。


ちなみに、夫本人はガンと聞いても動揺も悲しみもなく、平然としていました。(今も平然と淡々と薬を飲んでいる)
元気で明るくて、私の悲しみを返してほしいくらいです(笑)

抗がん剤の有用性は5%だとお医者さんに言われ、私だったら絶対飲みたくないけど、5%でもあるならと副作用のリスクも承知の上で薬を飲む夫、すごいなぁと感心させられます。(本人は頑張っているという感じはなく、ほんとに淡々と飲んでいる)

明るく前向きな気持ちでいることは、がん治療にとても大事なことだと聞くので、私も前向きに寄り添って行きたいなと思っています。

スポンサーリンク